2009年08月22日

帰郷

8月の16(日曜日)から18(火曜日)まで、故郷の秋田県横手市に行ってきました。
知り合いの車に乗り、約600kmの旅です。
朝4:30に横浜を出て、午後1:00に横手市増田町に着き、稲庭うどんの昼食をとりました。
直営店だったので、雰囲気はいいし、家で食べるより数段おいしく思いました。右斜め上
東北自動車道下りは順調でしたが、矢板インター付近の上り線は大渋滞していました。
増田町は「釣りキチ三平」の作者である矢口隆雄さんの故郷で、マンガの舞台になる川や池が近くにあります。
ちなみに私の高校の先輩です。
また、「マンガ美術館」があり、いろいろな作家の原画が展示されています。館内でマンガも見れるので、マンガ好きの人にはたまらないそうです。
夜は国の無形文化財である、羽後町の「西馬音内:にしもない盆踊り」を見に行きました。
はじめて見ましたが、リズミカルなお囃子に優雅な踊りで、2時間ずっと見てても全く飽きませんでした。指先のしなやかさに色気さえ感じます。
次の日は角館の武家屋敷見学です。
稲庭うどん、横手焼きそば、十文字ラーメン、高清水(酒)とうまいものには事欠かないし、エベントも充実していて内容の濃い3日間でした。故郷のよさは、離れてみるとよく分かるものです。
帰ってきて、マンション1住戸の全面改装の設計中です。
気の早い話ですが、お正月は生まれ変わった住居で迎えることになります。
建築主の期待に満ちた、楽しみにしている顔を見てきて、設計者としてもうれしい限りです。

posted by yas at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。